ページTOPへ戻る
お問い合わせ
福井大学医学部附属病院・公式サイト
facebook

研究について

業績(2016年度)

2018/2/3(土)

2016年度

原著論文

  1. Kodawara T, Higashi T, Negoro Y, Kamitani Y, Igarashi T, Watanabe K, Tsukamoto H, Yano R, Masada M, Iwasaki H, Nakamura T: The inhibitory effect of ciprofloxacin on the β-glucuronidase-mediated deconjugation of the irinotecan metabolite SN-38-G, Basic Clin Pharmacol Toxicol, 118(5), 333-337, 2016.
  2. 古俵 孝明, 山際 岳朗, 石橋 直哉, 深津 祥央, 矢野 育子, 中村 敏明, 松原 和夫: テモゾロミド点滴静注用製剤の輸液希釈時における安定性の検討, 日本病院薬剤師会雑誌, 52(9), 1140-1143, 2016.

 

総説・解説

  1. 塚本 仁: 医薬品情報(DI)室より 注目の新薬情報:アコアラン静注用600, 医薬ジャーナル, 52(8), 1952-1954, 2016.
  2. 根來 寛, 塚本 仁: こんなときに使える情報源 副作用・薬物相互作用, 月刊薬事, 59(2), 197-204, 2017.
  3. 廣野 靖夫, 児玉 麻衣子, 松村 由紀子, 森川 美羽, 高野 智早, 根来 寛, 久保 博子, 小林 美貴, 笹川 良明, 浦井 真友美, 桑原 希恵, 早瀬 美香, 成瀬 廣亮, 三島 一輝, 片山 寛次: 消化器外科医が知っておきたい緩和医療 第12回-最終回 緩和ケアにおけるチーム医療, 消化器外科, 39(8), 1189-1196, 2016.
  4. 末廣 陽子, 塚本 仁: 医薬品情報(DI)室より 注目の新薬情報:ファリーダックカプセル10mg,同15mg, 医薬ジャーナル, 52(10), 2355-2357, 2016.
  5. 森田 陽介、塚本 仁: 医薬品情報(DI)室より 注目の新薬情報:ヤーボイ点滴静注液50mg, 医薬ジャーナル, 52(9), 2160-2162, 2016.
  6. 古俵 孝明, 中村 敏明: 【処方箋検査値トレーシングレポート活用術 地域医療連携に薬立つ「知恵」と「コツ」】 トレーシングレポート活用事例から地域医療連携の実践ポイントを学ぶ! 福井大学医学部附属病院でのトレーシングレポート活用事例, 薬局, 67(10), 2920-2924, 2016.

 

講演・シンポジウム

  1. 塚本 仁: RMPの活用と今後の展望について:病院における医薬品リスク管理計画の活用と問題点, 第30回北陸薬物療法モニタリング懇話会, 2016.07
  2. 塚本 仁: カルバペネム耐性腸内細菌の危機管理:CRE感染症の治療についての話題, 第64回日本化学療法学会西日本支部総会/第59回日本感染症学会中日本地方会学術集会/第86回日本感染症学会西日本地方会学術集会, 2016.11
  3. 塚本 仁: 再発見 ICTラウンドの効果〜隣のICTラウンド:薬剤師から見たICTラウンド の意義と効果, 第32回日本環境感染学会総会・学術総会, 2017.02
  4. 新谷 智則: HD領域で使用する薬剤の薬理効果、注意点:薬剤師の視点でみる透析療法, 第7回福井県臨床工学会, 2016.09
  5. 新谷 智則: 糖尿病の薬物療法, 福井県糖尿病療養指導担当者講習会, 2016.10
  6. 根來 寛: 若手シンポジウム「少子高齢化社会に貢献する薬学」:高齢化社会におけるがん薬物療法 臨床でがん患者と接している薬剤師による研究, 日本薬学会北陸支部第128回例会, 2016.11
  7. 五十嵐 敏明: エイズ患者の針刺し事故を考える:HIV感染症の治療薬と予防薬について, 平成28年度福井県HIV/AIDSマンパワー研修会, 2017.03
  8. 五十嵐 敏明: 日常診療における薬学的問題点とその対応, 第4回抗HIV療法ブラッシュアップセミナー, 2016.12
  9. 岸 慎治, 五十嵐 敏明, 山内 高弘: がん化学療法における臨床薬理学的アプローチ〜服薬コンプライアンスから分子薬理研究:CHOP療法でのvincristineとdoxorubicinのPK/PD相関, 第37回日本臨床薬理学会学術総会, 2016.12
  10. 矢野 良一: 婦人科癌における薬学的な介入, 日本臨床腫瘍薬学会ブラッシュアップセミナー2015 in 関西, 2016.06
  11. 矢野 良一, がん化学療法を理解して、質の高い緩和医療を目指そう!:がん化学療法への誘い〜薬剤師ができること〜, 第10回日本緩和医療薬学会年会, 2016.06
  12. 斎木 明子: 中心静脈栄養管理時のピットホール〜ワルファリンとビタミンKの相互作用〜, 株式会社大塚製薬工場・安全性啓発のための座談会, 2017.01
  13. 廣野 靖夫, 片山 寛次, 前田 彩菜, 東本 真紀子, 斎木 明子, 早瀬 美香, 小竹林 徳子, 橋本 儀一, 北山 富士子, 村上 真, 五井 孝憲: がん緩和療法における栄養療法の役割:緩和的外科治療における術前栄養指標の重要性について, 第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会, 2017.02
  14. 古俵 孝明: 胃食道逆流症(GRED)に用いる薬剤の処方鑑査・調剤上の注意点, 奥越消化器疾患研究会, 2016.12
  15. 平野 陽子: SGLT2阻害薬服用患者を対象とした服用上の注意点に関する患者理解度, 地域薬薬連携を考える会, 2017.03

 

学会発表

  1. 吉村 真理, 新谷 智則, 田嶋 恭典, 五十嵐 敏明, 東 高士, 矢野 良一, 塚本 仁, 岩崎 博道: タクロリムスとアスナプレビルの薬物相互作用が疑われた一例, 第26回日本医療薬学会年会, 2016.09
  2. 根來 寛, 矢野 良一, 吉村 真理, 末廣 陽子, 山下 慎司, 古俵 孝明, 渡邉 享平, 塚本 仁, 中村 敏明, 岩崎 博道: クラリスロマイシン併用がアルブミン懸濁型パクリタキセルによる骨髄抑制に及ぼす影響, 第26回日本医療薬学会年会, 2016.09
  3. 根來 寛, 矢野 良一, 吉村 真理, 末廣 陽子, 古俵 孝明, 渡邉 享平, 塚本 仁, 中村敏明, 岩崎 博道: エトポシド含有レジメンにおける UGT1A1遺伝子多型と 重篤な好中球減少の関連, 第54回日本癌治療学会学術集会, 2016.10
  4. 渡瀬 友貴, 平野 陽子, 古俵 孝明, 渡邉 享平, 矢野 良一, 塚本 仁, 中村 敏明, 岩崎博道: ワルファリン服用患者におけるレボフロキサシン併用時のPT-INR値上昇並びに変動要因に関する調査, 第 26 回日本医療薬学会年会, 2016.09
  5. 吉田 真理, 渡邉 享平, 斎木 明子, 東 高士, 今野 彩, 古俵 孝明, 上谷 幸男, 矢野 良一, 塚本 仁, 和田 有司, 岩崎 博通: 向精神薬によるアカシジア発現の実態に関する後方視的調査, 第22回日本薬剤疫学会学術総会, 2016.11
  6. 田嶋 恭典, 新谷 智則, 古俵 孝明, 矢野 良一, 塚本 仁, 中村 敏明, 岩崎 博道: 病棟薬剤業務における薬剤師の情報提供と薬物療法に対する効果, 第26回日本医療薬学会年会, 2016.09
  7. 廣野 靖夫, 片山 寛次, 斎木 明子, 早瀬 美香, 小竹林 徳子, 橋本 儀一, 北山 富士子, 村上 真, 五井 孝憲: 術前CONUT値を用いた緩和的外科治療における予後予測, 第7回日本静脈経腸栄養学会北陸支部学術集会, 2016.08
  8. 前田 彩菜, 斎木 明子, 東本 真紀子, 片山 寛次: 持続血液透析濾過法(CHDF)施行患者における栄養療法に関する検討, 第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会, 2017.02
  9. 片山 寛次, 廣野 靖夫, 北山 富士子, 早瀬 美香, 東本 真紀子, 斎木 明子, 前田 彩菜, 小竹林 徳子, 橋本 儀一: 乳び腹水と著しい低アルブミン血症に対しシロリムスが著効した孤発性後腹膜LAMの一例, 第32回日本静脈経腸栄養学会学術集会, 2017.02
  10. 山下 慎司, 根來 寛, 矢野 良一, 五十嵐 敏明, 谷澤 昭彦, 片山 寛次, 塚本 仁, 岩崎 博道: 血清クレアチニン値補正の自動化が カルボプラチン併用化学療法の投与量設定法と副作用に与える影響, 日本本臨床腫瘍薬学会学術大会2017, 2017.03
  11. 平野 陽子, 渡瀬 友貴, 山下 慎司, 宇野 美雪, 五十嵐 敏明, 古俵 孝明, 矢野 良一, 塚本 仁, 中村 敏明, 岩崎 博道: 医薬品照合・数量管理システム導入による調剤過誤並びにインシデントに対する予防効果について, 第26回医療薬学会年会, 2016.09
  12. 佐々木 逸美, 清川 真美, 斎木 明子, 宇野 美雪, 古俵 孝明, 矢野 良一, 塚本 仁, 中村 敏明, 重見 研司, 岩崎 博道: 周術期管理業務における薬剤師の関わりとその効果に関する検討, 第26回日本医療薬学会年会, 2016.09

福井大学医学部附属病院 薬剤部

〒910-1193
福井県吉田郡永平寺町松岡下合月23-3
TEL. 0776-61-3111(代表)
E-mail.
© copyright 2019 Department of Pharmacy, University of Fukui Hospital. all rights reserved.
powered by cheltenham software