ページTOPへ戻る
お問い合わせ
福井大学医学部附属病院・公式サイト
facebook

研究について

業績(2018年度)

2018/2/3(土)

2018年度

原著論文

  1. 伊藤 萌, 田辺 公一, 岩出 賢太郎, 下路 静佳, 後藤 伸之, 大津 史子: 体温・血圧の自己測定に対する測定手技指導の影響, 在宅薬学, 5(1), 12-18, 2018.04
  2. 田辺 公一, 川上 ゆい, 後藤 伸之, 大津 史子: 細菌カウンタと口腔水分計を用いた口腔内環境測定に影響する因子の探索, 日本口腔ケア学会雑誌, 13(1), 36-42, 2018.06
  3. 永光 加奈, 田辺 公一, 後藤 伸之, 大津 史子: 薬局薬剤師の副作用に対する認知および対応行動の現状とその要因, 医療薬学, 44(7), 370-379, 2018.07
  4. 五十嵐 敏明, 今野 彩, 塚本 仁, 矢野 良一, 渡邉 享平, 中村 敏明, 政田 幹夫, 後藤 伸之: 医薬品副作用自動監視システムによる副作用検出の評価, 医薬品情報学, 20(2), 66-71, 2018.08
  5. 田嶋 恭典, 新谷 智則, 古俵 孝明, 矢野 良一, 渡辺 享平, 塚本 仁, 中村 敏明, 後藤 伸之: 病棟薬剤師による薬学的介入の評価項目の作成 ~「薬学的患者ケアのためのチェックリスト」の分類を利用して~, 医療薬学, 44(8), 410-416, 2018.08
  6. Negoro Y, Yano R, Yoshimura M, Suehiro Y, Yamashita S, Kodawara T, Watanabe K, Tsukamoto H, Nakamura T, Kadowaki M, Morikawa M, Umeda Y, Anzai M, Ishizuka T, Goto N: Influence of UGT1A1 polymorphism on etoposide plus platinum-induced neutropenia in Japanese patients with small-cell lung cancer, Int J Clin Oncol, 24 (3), 256-261, 2019.03
  7. Tanabe K, Fujiwara K, Ogura H, Yasuda H, Goto N, Ohtsu F: Quality of Web Information About Palliative Care on Websites from the United States and Japan: Comparative Evaluation Study, Interact J Med Res, 7(1), 2018.04 http://preprints.jmir.org/preprint/9574
  8. 丹羽 浩子, 田辺 公一, 矢野 玲子, 後藤 伸之, 大津 史子: 一般用医薬品の乱用による副作用の実態と患者背景との関連性に関する研究,医薬品情報学, 20(3), 145-155, 2018.11
  9. Kentaro Iwade, Shizuka Shimoji, Hidenori Masaki, Kouichi Tanabe, Nobuyuki Goto, Fumiko Ohtsu: Association between environmental changes and pharmacy visits in patients with relatively favorably controlled asthma, World Journal of Pharmaceutical and Medical Research, 4 (11), 14-21, 2018.11
  10. 岩出 賢太郎, 下路 静佳, 正木 秀典, 酒井 隆全, 田辺 公一, 後藤 伸之, 大津 史子: 保険薬局で行う気象・環境変化に関する予防型情報提供の喘息症状悪化に対する効果, YAKUGAKU ZASSHI, 139(3), 475-482, 2019.03
  11. 平野 陽子, 渡瀬 友貴, 大岡 由朋, 田嶋 恭典, 古俵 孝明, 矢野 良一, 渡邉 享平, 塚本 仁, 後藤 伸之: SGLT2阻害薬服用患者への服薬指導に対する患者理解度調査, 医薬品情報学, 20(4), 232-237, 2019.03

 

総説・解説

  1. 矢野 良一: 薬物療法問題集 コモンな50疾患・150題で実力がつく! 婦人科がん, 月刊薬事10月臨時増刊号60,2776-7280, 2018.10
  2. 後藤 伸之: 今日の治療指針2019,「服薬指導・薬剤情報」人工弁植込み患者のケア(p416), 慢性甲状腺炎(橋本病)(p777), 頭痛(p992), 疥癬/ケジラミ症(p1283), 味覚障害(p1580), 医学書院, 2019.01
  3. 後藤 伸之: 治療薬マニュアル2019,後発医薬品に関する情報の選択と留意点付録, pp15-21, 医学書院, 2019.01
  4. 新谷 智則, 塚本 仁, 後藤 伸之: 新薬くろ~ずあっぷ(第211回) ゾフルーザ錠10mg, 20mg, 顆粒2%分包(バロキサビル マルボキシル), 調剤と情報, 24(16), 2433-2440, 2018.12
  5. 清川 真美, 後藤 伸之: 新薬くろ~ずあっぷ(第204回) パルモディア錠0.1mg (ペマフィブラート), 調剤と情報, 24(7), 1115-1121, 2018.05
  6. 後藤 伸之: 平成29年度プレアボイド報告の概要: 日本病院薬剤師会雑誌, 55(2), 103-107, 2019.02
  7. 後藤 伸之, 冨田 隆志: 改訂されたインタビューフォーム記載要領2018の紹介, 日本病院薬剤師会雑誌, 55(3), 255-257, 2019.03

 

著書

  1. 後藤 伸之: 開発過程で得られる情報,コンパス医薬品情報学(改訂第2版) 理論と演習 小林道也, 中村仁 (編) pp21-33, 南江堂, 2018.12

 

講演・シンポジウム

  1. 塚本 仁: 多職種で行う抗菌薬適正使用~福井大学病院での取り組み~, 平成30年度富山大学病院院内感染対策講習会, 2018.05
  2. 塚本 仁: 地域で取り組む医療関連感染対策~院内感染対策から地域感染対策へ~ 抗菌薬適正使用支援チーム(AST)において薬剤師は何ができるのか, 第68回日本病院学会, 2018.06
  3. 新谷 智則, 塚本 仁: 耐性菌対策Up to Date~薬剤耐性アクションプランをうけて~ ICT(AST)としてAMR対策をどうすすめていくか 福井大学病院での取り組み, 第66回日本化学療法学会総会/第92回日本感染症学会学術講演会(合同学会), 2018.06
  4. 塚本 仁, 抗菌薬の適正使用, AMR臨床リファレンスセンター AMR対策臨床セミナー in 福井, 2018.10
  5. 渡邉 享平, 大津 史子, 後藤 伸之, 佐々木 忠徳, 原田 幸子, 山川 雅之, 医療現場に必要な薬剤の市販化に向けた調査・研究: 平成30年度日本病院薬剤師会病院薬局協議会/学術フォーラム, 2018.11
  6. 渡邉 享平: 限られたリソースで取り組む研究者および事務局支援, 国立大学附属病院臨床研究推進会議第 7 回総会シンポジウム, 2019.02
  7. 矢野 良一, がん薬物療法による好中球減少症のリスク因子, 東海北陸ブロックOncology Pharmacist Community Forum 2018, 2018.09
  8. 矢野 良一, 明日から改善!きっとうまくいく, 薬剤師の症例検討会 ~症例検討会に向けた準備のために知っておくべきこと~, 第28回日本医療薬学会年会, 2018.11
  9. 早瀬 美香, 東本 真紀子, 斎木 明子, 前田 彩菜, 小竹林 徳子, 石田 園光, 高木 京, 斎藤 綱樹, 小林 奈美子, 橋本 儀一, 黒瀬 知美, 廣野 靖夫, 北山 富士子, 片山 寛次: テーマ1「平成30年度診療報酬改定後、NST活動に変化があったか」 専従から専任に変わって, 第45回福井NST研究会, 2018.12
  10. 佐々木 逸美:周術期における薬剤師の役割,平成30年第1回日本手術医学会教育セミナー,2018.04
  11. 五十嵐敏明, 当院のゼヴァリン療法における薬剤師の役割. 第29回福井県放射線治療研究会, 2019.3
  12. 後藤 伸之: 特別講演 リアルワールドデータを医薬品適正使用に活用する-ごみの山から宝の山へ, 一般社団法人くすりの適正使用協議会 薬剤疫学入門セミナー(大阪), 2018.07
  13. 後藤 伸之, 特別講演 リアルワールドデータを医薬品適正使用に活用する-ごみの山から宝の山へ, 一般社団法人くすりの適正使用協議会 薬剤疫学入門セミナー(東京), 2018.07
  14. 後藤 伸之: シンポジウム 医薬品安全性情報の⾃発報告の位置づけ, 医療機関における医薬品副作用自動監視システムを用いた副作用検出, 第24回日本薬剤疫学会学術総会, 2018.10
  15. 後藤 伸之: インタビューフォームの臨床活用と記載要領2018について-医療現場での活用について-, 日本製薬団体連合会「医薬品の安全対策に関する講習会」(大阪), 2019.01
  16. 後藤 伸之: インタビューフォームの臨床活用と記載要領2018について-医療現場での活用について-, 日本製薬団体連合会「医薬品の安全対策に関する講習会」(東京), 2019.01
  17. 後藤 伸之: 「明日から薬剤師業務に役立つ医薬品情報活用法」, 第40回徳島文理大学薬学部卒後教育講座, 2019.02
  18. 後藤 伸之: 医薬品情報の活用法 これだけは知っておきたい医薬品情報の伝え方, 岡山県病院薬剤師会講演会, 2019.02
  19. 後藤 伸之: ,研究デザイン, 日本医薬品情報学会 医薬品情報専門薬剤師研究セミナー(名古屋), 2019.03
  20. 後藤 伸之: 医療現場の「なんでだろう!」から臨床研究へ, 第49回日赤薬剤師会臨床薬学研究会, 2019.03
  21. 上谷 幸男: 疼痛治療における薬剤師の役割, 疼痛緩和のための医療用麻薬適正使用推進の講習会, 2019.01

 

学会発表

  1. 松岡 大晃, 古俵 孝明, 東 高士, 坂田 徳子, 渡邉 享平, 矢野 良一, 塚本 仁, 東野 芳史, 北井 隆平, 菊田 健一郎, 後藤 伸之: 胃全摘が及ぼすテモゾロミド血中濃度への影響, 第35回日本TDM学会・学術大会, 2018.05
  2. 大岡 由朋, 山下 慎司, 田端 志帆, 高柳 聡子, 五十嵐 敏明, 斎木 明子, 矢野 良一, 塚本 仁, 後藤 伸之: 院内製剤における電子的な調製工程記録システムの構築, 日本病院薬剤師会 第29回北陸ブロック学術大会, 2018.11
  3. 奥村 直也, 佐々木 逸美, 松岡 大晃, 矢野 良一, 塚本 仁, 後藤 伸之: 術後疼痛管理における薬剤師の役割, 日本病院薬剤師会 第29回北陸ブロック学術大会, 2018.11
  4. 松井 友里恵, 五十嵐 敏明, 松嶋 あづさ, 高橋 翠, 山本 大, 重森 美奈, 林 咲希, 矢野 良一, 塚本 仁, 後藤 伸之: 内服薬1日分調剤により期待される効果と業務時間の変化の検討, 第28回日本医療薬学会年会, 2018.11
  5. 森田 陽介, 渡邉 享平, 斎木 明子, 矢野 良一, 塚本 仁, 後藤 伸之: ラモトリギン低用量導入による皮膚障害リスク軽減効果に関する後ろ向き調査, 第28回日本医療薬学会年会, 2018.11
  6. 田端 志帆, 吉村 真理, 平野 陽子, 前田 彩菜, 末廣 陽子, 新谷 智則, 東 高士, 渡邉 享平, 矢野 良一, 塚本 仁, 後藤 伸之: バンコマイシン初期投与量の腎機能への影響についての後ろ向き調査, 第28回日本医療薬学会年会, 2018.11
  7. 尾下 友梨, 酒井 隆全, 田辺 公一, 後藤 伸之, 大津 史子: 薬剤師の在宅医療への取り組み 療法士と比較して, 第21回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2018.06
  8. 豊田 紗和子, 吉村 祐奈, 矢野 玲子, 青柳 裕, 大津 史子, 後藤 伸之: 薬物性光線過敏症と紫外可視吸収スペクトルとの関連, 第21回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2018.06
  9. 井畑 萌, 酒井 隆全, 田辺 公一, 矢野 玲子, 後藤 伸之, 榊原 仁作, 大津 史子: 薬剤性心不全の早期発見のための危険因子及び自覚症状の探索, 第21回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2018.06
  10. 福與 大貴, 酒井 隆全, 矢野 玲子, 田辺 公一, 後藤 伸之, 大津 史子: 危険因子及び自覚症状からの副作用推測式サポートシステムの構築(第2報), 第21回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2018.06
  11. 和田 侑輝人, 酒井 隆全, 田辺 公一, 後藤 伸之, 大津 史子: 日本の有害事象自発報告データベース(JADER)を用いた学術論文の実態調査, 第21回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2018.06
  12. 酒井 隆全, 和田 侑輝人, 古閑 晃, 田辺 公一, 後藤 伸之, 大津 史子: 日本の有害事象自発報告データベース(JADER)を用いた研究のあり方に関する検討, 第21回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2018.06
  13. 奴間 由季, 白波瀬 抄子, 寺澤 優子, 松尾 有香, 市川 雅彦, 渡邉 享平, 坂下 雅文, 徳永 貴広, 後藤 伸之, 岩野 正之: 2018年福井豪雪発生時における被験者対応から見えてきた課題, 第18回CRCと臨床試験のあり方を考える会議2018in富山, 2018.09
  14. 廣野 靖夫, 片山 寛次, 成瀬 貴之, 玉木 雅人, 小竹林 徳子, 斎木 明子, 早瀬 美香, 橋本 儀一, 森川 充洋, 小練 研司, 村上 真, 北山 富士子, 前田 浩幸, 五井 孝憲: 胃癌治療における術前コリンエステラーゼ値の意義について, 第34回日本静脈経腸栄養学会学術集会, 2019.02
  15. 片山 寛次, 廣野 靖夫, 早瀬 美香, 東本 真紀子, 斎木 明子, 前田 彩菜, 小竹林 徳子, 橋本 儀一 , 北山 富士子: がんによる栄養障害に対するエビデンスに基づく栄養療法の実際, 第34回日本静脈経腸栄養学会学術集会, 2019.02
  16. 片山 寛次, 廣野 靖夫, 早瀬 美香, 東本 真紀子, 斎木 明子, 前田 彩菜, 小竹林 徳子, 橋本 儀一 , 北山 富士子: がん患者のライフステージにおける静脈栄養の意義, 第34回日本静脈経腸栄養学会学術集会, 2019.02
  17. 早瀬 美香, 斎木 明子, 廣野 靖夫, 小竹林 徳子, 東本 真紀子, 前田 彩菜, 橋本 儀一, 北山 富士子, 片山 寛次: 当院におけるNSTと緩和ケアチームの連携, 第34回日本静脈経腸栄養学会学術集会, 2019.02
  18. 斎木 明子, 前田 彩菜, 清川 真美, 小島 すみれ, 早瀬 美香, 東本 真紀子, 北山 富士子, 小竹林 徳子, 橋本 儀一, 廣野 靖夫, 片山 寛次: 高カロリー輸液製剤中のビタミン量の変化に伴うワルファリンの効果への影響: 第34回日本静脈経腸栄養学会学術集会, 2019.02
  19. 寺本 日奈美, 矢野 玲子, 青柳 裕, 大津 史子, 後藤 伸之: 添付文書の重大な副作用と物理化学的性質データとの関連性―薬物性アナフィラキシー―, 日本薬学会第139年会, 2019.03
  20. 豊田 紗和子, 吉村 祐奈, 矢野 玲子, 青柳 裕, 大津 史子, 後藤 伸之: 薬物性光線過敏症と紫外線可視吸収スペクトルと構造の関連, 日本薬学会第139年会, 2019.03
  21. 中西 絢子, 矢野 玲子, 青柳 裕, 大津 史子, 後藤 伸之: 添付文書の重大な副作用と物理化学的性質データとの関連性―薬物性血液障害―, 日本薬学会第139年会, 2019.03
  22. 後藤 伸之, 佐藤 嗣道, 北澤 京子, 入江 徹美, 中山 建夫, 山本 美智子: 医学領域の学会を対象にした「患者・国民向けの医薬品等情報の提供のあり方」に関する調査, 日本薬学会第139年会, 2019.03

福井大学医学部附属病院 薬剤部

〒910-1193
福井県吉田郡永平寺町松岡下合月23-3
TEL. 0776-61-3111(代表)
E-mail.
© copyright 2019 Department of Pharmacy, University of Fukui Hospital. all rights reserved.
powered by cheltenham software