ページTOPへ戻る
お問い合わせ
福井大学医学部附属病院・公式サイト
facebook

研究について

業績(2017年度)

2018/2/3(土)

2017年度

原著論文

  1. Sakai T, Ohtsu F, Mori C, Tanabe K, Goto N: Signal of Miscarriage with Aripiprazole: A Disproportionality Analysis of the Japanese Adverse Drug Event Report Database. Drug Saf, 40(11), 2017.
  2. 平野 陽子, 古俵 孝明, 五十嵐 敏明, 松嶋 あづさ, 川道 美里, 小島 慶之, 高橋 翠, 松井 友里恵, 渡瀬 友貴, 山下 慎司, 宇野 美雪, 上谷 幸男, 渡邉 享平, 矢野 良一, 塚本 仁, 中村 敏明, 岩崎 博道: 携帯情報端末とバーコードを利用した医薬品照合・数量管理システムによる調剤過誤並びにインシデントに対する予防効果, 医療薬学, 43(9), 502-508, 2017.
  3. 森 千与, 酒井 隆全, 矢野 玲子, 田辺 公一, 後藤 伸之, 大津 史子: 妊婦に発現した医薬品の副作用の特徴 国内の症例報告を基にした症例集積研究, 医薬品情報学, 18(4), 261-269, 2017.
  4. 矢野 玲子, 大津 史子, 後藤 伸之: 医療用医薬品添付文書の重大な副作用と医薬品の物理化学的性質データとの関連性, YAKUGAKU ZASSHI, 137(4), 485-492, 2017.
  5. Mikako Horie, Kaori Ito, Takahiro Hayashi, Maiko Ando, Masutaka Tokuda, Yoko Inaguma, Aiko Fukui, Nobuki Hayakawa, Nobuhiko Emi, Fumiko Ohtsu, Kouichi Tanabe, Nobuyuki Goto, Shigeki Yamada: Investigation of blood levels of zinc, vitamin B12 and folic acid in patients with haematological malignancy, Fujita Medical Journal, 3(4), 76-80, 2017.

 

総説・解説

  1. 古俵 孝明, 後藤 伸之: 【プロバイオティクス 小児領域を中心とした基礎と実践のポイント】 薬学的管理を実践する上でのポイント! "抗菌薬+プロバイオティクス製剤"投与中の患者で注意したい薬物相互作用", 薬局, 68(11),117-121, 2017.
  2. 上谷 幸男, 後藤 伸之: 新薬くろ〜ずあっぷ スインプロイク錠0.2mg(ナルデメジントシル酸塩), 調剤と情報, 23(14), 1811-1816, 2017.
  3. 後藤 伸之: 新薬くろ〜ずあっぷ プリズバインド静注液2.5g[イダルシズマブ(遺伝子組換え)], 調剤と情報, 23(6), 729-734, 2017.

 

著書

  1. 後藤 伸之: スタンダード薬学シリーズⅡ 第6巻 医療薬学Ⅴ 薬物治療に役立つ情報 第4章 EBM(SBO 17〜20)(分担執筆), 東京化学同人, 88-104, 2017.10
  2. 後藤 伸之: スタンダード薬学シリーズⅡ 第7巻 臨床薬学Ⅱ 薬物治療の実践 第2章 医薬品情報の収集と活用 基本的な医薬品情報の収集・整理・活用(分担執筆), 東京化学同人, 28-41, 2018.01
  3. 後藤 伸之: 治療薬マニュアル2018, 後発医薬品に関する情報の選択と留意点(分担執筆), 医学書院, 付録p15-21, 2018.01

 

講演・シンポジウム

  1. 根來 寛: がん化学療法における重篤な好中球減少の発現とUGT1A1遺伝子多型関連の新たな知見, 4th. 東海北陸ブロックがん専門薬剤師フォーラム, 2017.09
  2. 矢野 良一: がん医療における体内動態を考慮した薬剤投与設計〜抗がん薬から症状緩和薬まで〜:体内動態の変動因子を考慮した抗がん薬の投与設計, 第11回日本緩和医療薬学会年会, 2017.06
  3. 矢野 良一, 安全ながん薬物療法の実現に必要な医薬品情報マネジメント, 大阪府病院薬剤師会第2支部学術講演会, 2017.06
  4. 矢野 良一, 抗がん薬投与設計のために体内動態の変動要因を理解しよう, 第15回和歌山県病院薬剤師会オンコロジー研修会, 2017.11
  5. 齋木 明子: 静脈・経腸栄養製剤とワルファリンカリウムの相互作用, 第50回東海薬剤師学術大会, 2017.12
  6. 渡邉 享平: 医療上必要な薬剤の市販化に向けた取り組みと課題, 日本薬剤学会第32年会, 2017.05
  7. 平野 陽子: HIV感染症の治療薬と予防薬について, 北陸ブロックエイズ拠点病院 HIV/エイズ出前研修, 2017.11
  8. 後藤 伸之: これからの医薬品情報学とJASDI「医薬品情報専門薬剤師と私の考えるJASDI」, 日本医薬品情報学会20周年記念フォーラム, 2017.12
  9. 後藤 伸之: 薬剤師のためのスキルアップセミナー 病院および薬局業務における医薬品リスクマネージメント(RMP), 第3回薬剤師のためのスキルアップセミナー(京都府薬剤師会), 2017.10
  10. 後藤 伸之: 医薬品情報の活用法 これだけは知っておきたい医薬品情報の伝え方, 医薬品情報にかかる研究会(福井市薬剤師会), 2017.06
  11. 後藤 伸之: 医療リアルワールドデータから見えてくる医薬品適正使用情報, くすりの適正使用協議会主催 薬剤疫学セミナーBeginner Course 2017, 2017.07
  12. 後藤 伸之: 「薬剤学領域と医療現場のshaking hands」医療上必要な薬剤の市販化に向けた取り組みと課題, 薬学教育協議会・平成29年度薬剤学教科担当教員会議, 2017.09
  13. 後藤 伸之: 医薬品情報を評価する際に必要な薬剤疫学, 三重県病院薬剤師会 平成29年度第1回生涯研修講演会, 2017.09
  14. 後藤 伸之: "医薬品適正使用につながる医薬品情報評価 〜 身近な医薬品情報を見直してみませんか! 〜, 旭川病院薬剤師会新年交礼会, 2017.09

 

学会発表

  1. 平野 陽子, 渡瀬 友貴, 古俵 孝明, 渡邉 享平, 矢野 良一, 塚本 仁, 後藤 伸之: SGLT2阻害薬服用患者への服薬指導に対する患者理解度調査, 第27回日本医療薬学会年会, 2017.11
  2. 五十嵐 敏明, 今野 彩, 矢野 良一, 塚本 仁, 後藤 伸之: 関節リウマチ治療薬メトトレキサート使用中の副作用と検査間隔に関する調査〜医薬品副作用自動監視システムを利用した状況調査, 第27回日本医療薬学会年会, 2017.11
  3. 清川 真美, 田嶋 恭典, 石田 健太郎, 夛田 浩, 渡邉 享平, 矢野 良一, 塚本 仁, 後藤 伸之: 造影剤アレルギーの既往を有する患者への前投薬マニュアルの作成とその予防効果, 第27回日本医療薬学会年会, 2017.11
  4. 坪田 有未, 新谷 智則, 山下 慎司, 清川 真美, 五十嵐 敏明, 古俵 孝明, 渡邉 享平, 矢野 良一, 塚本 仁, 後藤 伸之: 薬剤師による持参薬の処方仮登録業務と医療安全への効果, 第27回日本医療薬学会年会, 2017.11
  5. 徳永 貴広, 渡邉 享平, 渡辺 典子, 廣部 君恵, 田中 泰子, 嶋津 裕子, 齊藤 真弓, 藤嶋 芳行, 五井 孝憲, 中本 安成: 改正倫理指針・ゲノム指針施行に伴う既存研究における研究責任者自己点検の効率的な実施について, 第17回CRCと臨床試験のあり方を考える会議 2017 in名古屋, 2017.09
  6. 渡邉 享平, 大津 史子, 後藤 伸之, 佐々木 忠徳, 原田 幸子, 山川 雅之: 医療現場に必要な薬剤の市販化に向けた調査・研究, 日本病院薬剤師会平成29年度病院薬局協議会/学術フォーラム, 2017.11
  7. 宇野 美雪: 薬剤の意図しない内服中断を防止するためのシステムの構築, 第12回医療の質・安全学会学術集会, 2017.11
  8. 山本 大, 五十嵐 敏明, 松嶋 あづさ, 川道 美里, 高橋 翠, 松井 友里恵, 重森 美奈, 上谷 幸男, 塚本 仁, 後藤 伸之: 数量管理システムを用いた医薬品発注の自動化による効果, 第28回日本病院薬剤師会北陸ブロック学術大会, 2017.11
  9. 田端 志帆, 吉村 真理, 山下 慎司, 斎木 明子, 矢野 良一, 塚本 仁, 後藤 伸之: 官能試験による10%リドカイン軟膏の調製方法の検討, 第28回日本病院薬剤師会北陸ブロック学術大会, 2017.11
  10. 政田 一樹, 末廣 陽子, 坂田 徳子, 古俵 孝明, 矢野 良一, 渡邉 享平, 塚本 仁, 後藤 伸之: 後発品ヘパリン類似物質軟膏の適正使用情報収集の検討, 第28回日本病院薬剤師会北陸ブロック学術大会, 2017.11
  11. 五十嵐 敏明, 今野 彩, 矢野 良一, 塚本 仁, 蔦本 靖之, 前田 琢磨, 後藤 伸之: 医薬品副作用自動監視システムAVSによる副作用検出の評価, 第37回医療情報学連合大会・第18回日本医療情報学会学術大会, 2017.11
  12. 重見 博子, 田居 克規, 伊藤 和広, 五十嵐 敏明, 今川 美智子, 鈴木 仁弥, 此下 忠志, 山内 高弘, 石塚 全, 岩崎 博道: 本院におけるエイズ受診患者への投薬の変遷と合併症の現状解析, 第31回日本エイズ学会学術集会・総会, 2017.11
  13. 五十嵐 敏明, 岸 慎治, 東 高士, 矢野 良一, 塚本 仁, 岩尾 岳洋, 細野 奈穂子, 上田 孝典, 山内 高弘, 後藤 伸之: 成人悪性リンパ腫患者におけるビンクリスチンの母集団動態解析, 第38回日本臨床薬理学会学術総会, 2017.12
  14. 山本 大, 五十嵐 敏明, 松嶋 あづさ, 川道 美里, 高橋 翠, 松井 友里恵, 重森 美奈, 矢野 良一, 塚本 仁, 後藤 伸之: 医薬品照合・数量管理システムによる薬剤業務支援の評価, 平成29年度大学病院情報マネジメント部門連絡会議, 2018.02
  15. 新谷 智則, 塚本 仁, 飛田 征男, 室井 洋子, 松山 千夏, 重見 博子, 岩崎 博道,: 尿路由来菌血症における原因菌と予後に関する解析, 第33回日本環境感染学会総会・学術集会, 2018.02
  16. 藤原 香穂,田辺 公一, 後藤 伸之, 大津史子: 緩和ケアに関するウェブ情報の信頼性, d第20回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2017.07
  17. 大久保 欣一, 田辺 公一, 村上 望, 後藤 伸之, 大津 史子: 塩化ストロンチウムの疼痛緩和、骨髄抑制に関連する因子の探索, 第20回日本医薬品情報学会総会・学術大会 ,2017.07
  18. 竹内 健悟, 矢野 玲子, 田辺 公一, 後藤 伸之, 大津 史子: 薬物性末梢神経障害の早期発見のための危険因子及び自覚症状の探索, 第20回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2017.07
  19. 橋本 安里沙, 田辺 公一, 後藤 伸之, 大津 史子: 同種同効薬剤による副作用再発を防止するための起因薬剤・副作用・背景に関する検討, 第20回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2017.07
  20. 渡邉 朱羽, 田辺 公一,後藤 伸之,大津 史子: 高齢者のポリファーマシーによる副作用の現状とその特徴, 第20回日本医薬品情報学会総会・学術大会, 2017.07
  21. 村上 望,関宏 恭, 柴田 和彦, 中嶋 和仙, 浦上 裕美, 大久保 欣一, 後藤 伸之, 大津 史子, 田辺 公一, 北川 清秀: 多発性骨転移に伴うがん性疼痛に対するストロンチウム治療の検討, 第22回日本緩和医療学会学術大会, 2017.06
  22. 杉浦 莉奈,田辺 公一,大津 史子,後藤 伸之: 後発医薬品の溶出試験において類似性が認められにくい薬剤の特徴に関する調査研究, 第50回日本薬剤師会学術大会, 2017.10

福井大学医学部附属病院 薬剤部

〒910-1193
福井県吉田郡永平寺町松岡下合月23-3
TEL. 0776-61-3111(代表)
E-mail.
© copyright 2018 Department of Pharmacy, University of Fukui Hospital. all rights reserved.
powered by cheltenham software