ページTOPへ戻る
お問い合わせ
福井大学医学部附属病院・公式サイト
facebook

研究について

業績(2013年度)

2018/2/3(土)

2013年度

原著論文

  1. Hiroaki Ohnaka, Hitoshi Tsukamoto, Toshiaki Nakamura, Ryoichi Yano, Kyohei Watanabe, Toshiaki Igarashi, Nobuyuki Goto, Mikio Masada: Predictors of response of patients with solid tumors to granulocyte colony-stimulating factor. Int J Clin Pharm, 35(1), 45-50, 2013.
  2. Kyohei Watanabe, Nobuyuki Goto, Toshiaki Nakamura, Mikio Masada: Application of Hospital Preparations for Cancer Treatment, and an Approach toward Their Commercialization. Biol. Pharm. Bull., 36(5), 719-722, 2013.
  3. Takaaki Kodawara, Satohiro Masuda, Yoshitaka Yano, Kazuo Matsubara, Toshiaki Nakamura, Mikio Masada: Inhibitory effect of ciprofloxacin on β-glucuronidase-mediated deconjugation of mycophenolic acid glucuronide. Biopharm Drug Dispos., 35(5), 2014.
  4. 片山 寛次, 村上 真, 北山 富士子, 早瀬 美香, 立平 宏美, 斎木 明子, 大中 博晶, 橋本 儀一, 小竹林 徳子, 山口 明夫: 腹部救急疾患におけるNST. 日腹部救急医会誌, 33(4), 711-715, 2013.
  5. 橋本 儀一, 片山 寛次, 井村 敏雄, 黒瀬 知美, 北山 富士子, 早瀬 美香, 立平 宏美, 斎木 明子, 大中 博晶, 木村 秀樹: 血清アルブミン値を計算に用いる臨床的栄養指標の問題点〜測定法改良による指標値の乖離〜, 静脈経腸栄養, 28(5), 67-75, 2013.
  6. 山際 岳朗, 古俵 孝明, 矢野 育子, 石橋 直哉, 深津 祥央, 小林 政彦, 桂 俊也, 荒川 芳輝, 宮本 亨, 松原 和夫:悪性神経膠腫患者に対するtemozolomide・放射線併用療法における有害反応解析, 日本病院薬剤師会雑誌, 50(3), 299-304, 2014.

 

総説・解説

  1. 渡邉 享平, 中村 敏明, 政田 幹夫, 後藤 伸之: コルベット錠25mg ケアラム錠25mg(イグラチモド). 調剤と情報, 19(3), 407-440, 2013.
  2. 中村 敏明: 安心・安全な医療を求めて-医薬品の評価と有害事象の回避に関する研究-. 医療薬学, 39(4), 199-207, 2013.
  3. 中村 敏明: 吸入指導における薬剤師の役割. 日本呼吸ケア・リハビリテーション学会誌, 23(1), 43-46, 2013.
  4. 櫻川 さほり, 大中 博晶, 塚本 仁, 中村 敏明, 政田 幹夫: 福井大学医学部附属病院での取り組み 新医薬品の評価と安全対策. 日本病院薬剤師会雑誌, 49(6), 629-632, 2013.
  5. 中村 敏明, 五十嵐 敏明, 政田 幹夫: 薬理学管理が必要な個別化医療 副作用モニタリング. 臨床薬理 第33回 日本臨床薬理学会学術総会特集・記録, 44(4), 363-364, 2013.
  6. 中村 敏明, 政田 幹夫: 検査値のミカタ 脂質. 日経ドラッグインフォメーション, 190, 21-23, 2013.
  7. 渡邉 享平, 久保田 康生, 後藤 伸之, 佐々木 忠徳, 濱 宏仁, 政田 幹夫, 松浦 克彦, 山川 雅之, 渡部 一宏: 平成24年度学術委員会学術第4小委員会報告 医療現場に必要な薬剤の市販化に向けた調査・研究. 日本病院薬剤師会雑誌, 49(8), 2013.
  8. 渡邉 享平, 後藤 伸之, 政田 幹夫: 医療現場で必要とされる院内製剤. 製剤機械技術学会誌, 22(3), 224-228, 2013.
  9. 中村 敏明, 政田 幹夫: 検査値のミカタ 血液凝固能. 日経ドラックインフォメーション, 192, 21-23, 2013.
  10. 矢野 良一, 中村 敏明, 政田 幹夫: 薬物動態からみた、がん医療における精神神経用薬の使い分け. 月刊薬事, 55(12), 2195-2201, 2013.
  11. 中村 敏明, 政田 幹夫: 検査値のミカタ 肝機能. 日経ドラッグインフォメーション, 194, 21-23, 2013.
  12. 中村 敏明, 政田 幹夫: 検査値のミカタ 呼吸機能. 日経ドラッグインフォメーション, 198, 2014.

 

著書

  1. 中村 敏明, 政田 幹夫: 薬剤師のための患者対応の知識〜整形外科領域〜, 医薬ジャーナル社, 2013.11
  2. 塚本 仁: 領域別アドバンスト薬剤師シリーズ①, 感染症薬物療法トレーニングブック, 第4章 腹膜炎, じほう, 2013.06

 

講演・シンポジウム

  1. 矢野 良一: がん薬物療法における好中球減少症のリスクファクターに関する研究, 第23回日本医療薬学会年会, 奨励賞受賞講演, 2013.09
  2. 渡邉 享平, 中村 敏明, 政田 幹夫: 薬剤師発のキーパーソンとして, 第16回日本医薬品情報学会, 2013.08

 

学会発表

  1. 根來 寛, 渡邉 享平, 矢野 良一, 大中 博晶, 萱野 勇一郎, 中村 敏明, 政田 幹夫: UGT1A1遺伝子多型以外のイリノテカン塩酸塩による重篤な好中球減少の発現に影響する因子, 第33回日本臨床薬理学会学術総会, 2012.11
  2. 岸 愼治, 五十嵐 敏明, 東 高士, 浦崎 芳正, 山内 高弘, 吉田 明, 矢野 良一, 政田 幹夫, 上田 孝典: 悪性リンパ腫患者におけるdoxorubicinとvincristineの薬物動態学/薬力学/遺伝薬理学的検討, 第34回日本臨床薬理学会学術総会, 2013.12
  3. 西本 武史, 髙野 智早, 渡邉 享平, 小坂 浩隆, 高橋 哲也, 和田 有司, 片山 寛次: がん患者のせん妄に対するアリピプラゾーンの有効性と忍容性に関する研究, 第26回日本サイコオンコロジー学会総会, 2013.09
  4. 根來 寛, 松岡 大晃, 東 高士, 渡邉 享平, 五十嵐 敏明, 矢野 良一, 中村 敏明, 政田 幹夫: S-1からUFTへ変更後, フェニトイン血中濃度が上昇した一症例, 第23回日本医療薬学会年会, 2013.09, 仙台市
  5. 池ヶ谷 諭史, 室井 洋子, 塚本 仁, 飛田征男, 田居 克規, 岩崎 博道: EKCアウトブレイクを契機に行った再発防止のための組織体系整備, 日本臨床医学リスクマネジメント学会第6回北陸地方会, 2013.09
  6. 飛田 征男, 室井 洋子, 塚本 仁, 池ヶ谷 諭史, 岩崎 博道, 久田 恭子, 嶋田 章弘, 山下 政宣, 木村 秀樹, 岩野 正之: 早期発見にPOT法が有用であったMRSAアウトブレイク事例, 第53回日本臨床検査医学会東海・北陸支部総会 第328回日本臨床化学会東海・北陸支部例会 連合大会, 腎臓病と臨床検査, 2014.02,
  7. 片山 寛次, 西本 武史, 北山 富士子, 早瀬 美香, 立平 宏美, 斎木 明子, 橋本 儀一, 小竹林 徳子: PEGを安全に行うための指サイン維持穿刺補助機器の使用経験-第2報-, 第15回北陸PEG・在宅栄養研究会, 2013.11
  8. 石川 俊介, 西本 武史, 山内 あい子, 前田 裕和, 小竹林 徳子, 斎木 明子, 早瀬 美香, 村田 憲治, 東間 正人, 片山 寛次, 和田 有司: 小腸瘻に伴う電解質異常に起因すると考えられた遷延する抑うつを輸液栄養管理で改善できた1例, 第34回福井NST研究会, 2013.11

 

受賞・表彰

  1. 矢野 良一: 日本医療薬学会 奨励賞, 2013.09

 

福井大学医学部附属病院 薬剤部

〒910-1193
福井県吉田郡永平寺町松岡下合月23-3
TEL. 0776-61-3111(代表)
E-mail.
© copyright 2019 Department of Pharmacy, University of Fukui Hospital. all rights reserved.
powered by cheltenham software