ページTOPへ戻る
お問い合わせ
福井大学医学部附属病院・公式サイト
facebook

患者さんへ

医薬分業とは?

2018/2/3(土)

医薬分業について

福井大学病院では、国が推進する医薬分業を実施し、院外処方箋を発行しています。


医薬分業とは?

医療の高度化に伴って医薬品の使い方は複雑になっています。医薬分業は、患者さん、医師、薬剤師が協力して2重、3重にお薬をチェックすることにより、安全な薬物治療を受けていただくための制度です。
医師は診察を行い治療に必要なお薬の量や使い方を記入した処方箋を発行します。保険薬局では患者さんの体質や今まで服用したお薬の状況などの記録(薬歴)やインタビューをもとに薬の量や飲み方、飲み合わせ等を確認してから調剤します。
つまり、医師と薬剤師がそれぞれの専門性を発揮し、協力し合うことでよりよい医療の提供することを目標に、医薬分業が進められています。
複数の診療科や診療施設を受診され、それぞれからお薬が処方された場合、同じ効果のお薬が重複したり、飲み合わせが問題となったりして、予期しない副作用が発現する場合があります。そのため、院外処方箋を持っていく保険薬局をひとつに決めておくこと(かかりつけ薬局)でこれらを未然に防ぐことができます。

 

医薬分業

福井大学医学部附属病院 薬剤部

〒910-1193
福井県吉田郡永平寺町松岡下合月23-3
TEL. 0776-61-3111(代表)
E-mail.
© copyright 2018 Department of Pharmacy, University of Fukui Hospital. all rights reserved.
powered by cheltenham software