ページTOPへ戻る
お問い合わせ
福井大学医学部附属病院・公式サイト
facebook

患者さんへ

ジェネリック医薬品について

2018/2/3(土)

ジェネリック医薬品について

ジェネリック医薬品って何?

ジェネリック(後発)医薬品は、新薬(先発医薬品)と同じ有効成分を含んでおり、品質、効果、安全性が先発医薬品と同等と認められたおくすりです。
新薬は、数年〜十数年の歳月と、多額の費用をかけて開発されるため、開発した製薬会社には特許の出願により一定期間(20年〜25年)そのおくすりを独占的に製造・販売する権利が与えられます。しかし、特許期間が過ぎると、他の製薬会社でも同じ有効成分を使ったおくすりを製造・販売できるようになります。それが、ジェネリック医薬品です。ジェネリック医薬品は、新薬に比べ開発費や開発期間を大幅に抑えられるため新薬より値段を安く設定することができます。

 

 

先発医薬品と何が違うの?

ジェネリック医薬品は、先発医薬品と同じ有効成分が使われている一方で、添加物が先発医薬品と異なることがあります。添加物が違っても、体の中に入る有効成分の量は先発医薬品と同等であることが試験で確かめられています。ジェネリック医薬品の中には、こうした添加物を変えることで、先発医薬品よりも粒を小さくしたり、口の中で溶けやすくしたり、味やにおいを改善したり、おくすりを飲みやすくするための様々な工夫をしているものもあります。ただし、アレルギー体質の方の一部では、添加物が変わることでアレルギーが起こる事がまれにあります。

当院の院外処方箋は、ジェネリック医薬品があるおくすりの場合、一般名表記(商品名ではなく有効成分名を処方箋に記載すること)を原則としており、保険調剤薬局でおくすりを受け取るときに、患者さん自身で先発医薬品かジェネリック医薬品かを選択することが可能です。
 

福井大学医学部附属病院 薬剤部

〒910-1193
福井県吉田郡永平寺町松岡下合月23-3
TEL. 0776-61-3111(代表)
E-mail.
© copyright 2018 Department of Pharmacy, University of Fukui Hospital. all rights reserved.
powered by cheltenham software