ページTOPへ戻る
お問い合わせ
福井大学医学部附属病院・公式サイト
facebook

患者さんへ

お薬手帳について

2018/2/3(土)

お薬手帳について

福井大学病院では、国が推進する医薬分業を実施し、院外処方箋を発行しています。


お薬手帳ってなに?

「おくすり手帳」は、あなたに処方されたお薬の名前や飲む量、回数、飲み方などを記録し携帯するための手帳です。
また、お薬をより安全にそして効果的に使うための必需品です。

 

役割

  1. あなたが使用中のお薬を知らせることにより、お薬の重複、相性の悪い飲み合わせなどを避けることができます。
  2. 災害、急病や事故にあった時など、いつでも服用している薬の内容が分かります。
  3. 手帳の記録をもとに医師、薬剤師の連絡が円滑に進みます。
     

お薬手帳お薬手帳お薬手帳

★注意★

複数の病院にかかっている場合でも「お薬手帳」は一冊にまとめましょう!
病院や薬局別に分けているとチェックができません。

使い方

  • 通院時はもちろんのこと、外出時にも必ず持ち歩くようにしましょう。
  • 病院やクリニック、歯科医院、薬局に行った時には、毎回必ず「お薬手帳」を提出しましょう。
  • 市販のお薬、日常飲まれているサプリメントなども記録しておきましょう。
  • 薬でアレルギーや副作用が出たことのある方は、記録しておきましょう。
  • お薬について、分からないことや困ったことなど、自由にメモしましょう。

福井大学医学部附属病院 薬剤部

〒910-1193
福井県吉田郡永平寺町松岡下合月23-3
TEL. 0776-61-3111(代表)
E-mail.
© copyright 2018 Department of Pharmacy, University of Fukui Hospital. all rights reserved.
powered by cheltenham software