ページTOPへ戻る
お問い合わせ
福井大学医学部附属病院・公式サイト
facebook

採用情報

先輩薬剤師の声

2018/2/3(土)

先輩薬剤師の声

先輩薬剤師

 

佐々木 咲輝(令和2年入局)

幼いころから病院薬剤師の母に憧れ、自分も同じ薬剤師として地元の福井県に就職することを決めました。
福井大学病院では、比較的早い段階から様々な業務に携わることができ、薬剤師だけでなく他職種の方々と関わる機会が多くあります。
日々の業務は、薬学部で勉強したことや実務実習の経験が生かせている実感と、臨床現場ならではの新たな発見や学びがありとても充実しています。
また、幅広い分野で先輩薬剤師が活躍しているのを身近に感じられることが自身のモチベーション維持につながっています。まだまだ未熟ですが、薬物治療の専門家として、より多くの人に信頼される薬剤師を目指して頑張っていきたいです。

田中 敏博(令和2年入局)

病院薬剤師という仕事は、薬剤師だけでなく他の職種の方、もちろん患者さんからも多くのことを学ぶことができます。医療に対する薬剤師が占める責任の大きさを日々実感しますし、それゆえ、自己研鑽の重要性も一層に感じています。症例一つ一つに真剣に向き合い、質の高い医療が提供できるよう「臨床」「研究」「教育」を意識して頑張ります。ぜひ、一緒に頑張りましょう!

南後 菜月(平成31年入局)

1年目から半日は病棟業務、半日は調剤・無菌調製・手術室での麻薬管理等を行っており、薬剤師としての様々な経験を積ませて頂いています。雰囲気も明るく、働きやすい環境だと思います。自分の未熟さを感じる日々ですが、先輩方の姿を目指し勉強中です。是非一緒に頑張りましょう!

高崎 文香(平成31年入局)

前職は薬剤師の仕事ではなかったため少し不安はありましたが、新しいことに挑戦したいなと思い、薬剤師として幅広い経験ができる大学病院に就職しました。
1年目から調剤業務だけでなく病棟業務、抗がん剤や院内製剤の調製など様々な業務に携わることができ、あっという間に1日が終わります。他職種の方からの質問や相談を受けることが多く、難易度が高いのですが、困った時には相談に乗ってくれる先輩方がいるので心強いです。信頼される薬剤師を目指して日々学んでいきたいと思っています。

北出 結伽(平成31年入局)

「病院薬剤師として働きたい」という気持ちから、学生実習でもお世話になった大学病院に就職しました。シフトはローテーション制のため、1日の中で調剤業務だけではなく、病棟業務もできることが魅力の1つだと思います。専門や認定資格を持っていらっしゃる先生方も多く、若手向けに勉強会などを開催して下さることもあります。私も資格取得を目標として頑張っています。また、部内の雰囲気は良く、先輩の先生方や同期などに分からないことなど気軽に相談しあえるため、心強く、働きやすい環境だと思っています。

林 咲希(平成30年入局)

入職したての頃は日々の業務をこなしていくことに精一杯で、あっという間に過ぎていく毎日に驚きました。頼りになる先生方や優しい助手さんに助けられながら、とても充実した日々を送っています。調剤業務、病棟業務、糖尿病チーム等に関わらせていただく中で難題にぶつかることもありますが、多職種との連携し、患者さんに対して薬剤師の専門性を活かしてより良い方向に問題を解決できたときにはやりがいを感じます。まだまだ経験不足・知識不足なところがありますが、業務経験の積み重ねを大事にして、患者さんや他の医療従事者から信頼される薬剤師を目指して日々努めていきたいと思います。

十佐近 歩実(平成30年入局)

学生実習にて、調剤・服薬指導だけでなく、抗がん剤調製、チーム医療など様々な業務を行える病院薬剤師の仕事に興味をもちました。大学の頃、1・2年目は調剤がメインという話をよく聞きましたが、福井大学病院では1年目から病棟業務を行っています。持参薬の鑑別、初回面談、服薬指導など患者さんと話す機会が多いのはもちろんのこと、医師や看護師など他職種との関わりも多くあります。初めのころは辛いことや不安なこともありましたが、先生方に優しくご指導いただき、とても心強かったです。現在は産婦人科病棟に配属されており、資格を取るべく日々奮闘中です。

福井大学医学部附属病院 薬剤部

〒910-1193
福井県吉田郡永平寺町松岡下合月23-3
TEL. 0776-61-3111 (代表)
E-mail.
© copyright 2022 Department of Pharmacy, University of Fukui Hospital. all rights reserved.
powered by cheltenham software